昨夜もご来場いただきまして誠にありがとうございました。

早いもので本日が最終日DAY7。

※2日前より前売り券がe席リザーブにて予約購入ができます。是非ご利用ください!

e席リザーブ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://cinema.aeoncinema.com/wm/app?pageID=pc0001&JobID=pc.login.display4

いよいよ最終日7日目、11/15(金)。

湘南会場上映詳細

    間 : 2019119日(土)~20191115日(金)7日間開催
    間 : 2030分スタート(レイトショー 1日2本~ 同時上映2時間前後)
    場 : AEONシネマ茅ヶ崎(http://www.aeoncinema.com/cinema/chigasaki/
      (〒253-0041 神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎2-7-71 イオン茅ヶ崎店内)
  料 : 1,500

.

千秋楽DAY7は1作品のみの上映です!

ハナレイ・ベイ”(SURF/97min)

監督:松永大司

出演:吉田羊, 佐野玲於 (GENERATIONS from EXILE TRIBE), 村上虹郎, 佐藤魁, 栗原類

.

それは突然の知らせだった。 ピアノバーのオーナーでシングルマザーのサチは、息子タカシが、ハワイのカウアイ島にあるハナレイ・ベイで亡くなったことを電話で知る。サーフィン中の事故で、大きな鮫に襲われて死んだという。サチはハナレイ・ベイに向かい、もの言わぬ息子と対面を果たした。息子の遺骨と共に日本へ帰ろうとした矢先、彼女はふと足をとめ、息子が命をおとしたハナレイ・ベイへと向かう。 サチはチェアを持って海岸に行き、本を読んで時間を過ごした。時折、じっと海を見つめながら。毎年、この「行為」は続いた。 タカシの命日の時期にハナレイ・ベイを訪れ、数週間過ごすのだ。同じ場所にチェアを置き、10年間。だが、彼女は決して海には近づかない。ある時、偶然出会った、2人の若い日本人サーファー。まだ世間知らずな彼らに息子の姿をダブらせるサチ。 そんな時、2人から〝ある話〟を耳にする。 「赤いサーフボードを持った〝右脚のない日本人サーファー〟がいる」と
これは、〈人生で一番大切な人〉に会いたくなる、希望の物語。

.

主演の、茅ヶ崎出身プロサーファー 佐藤 魅 映画初出演で、その演技には

周囲の俳優陣たちをも魅了したと高い評価を得たそうです。

地元出身のサーファーが茅ヶ崎を盛り上げてくれるでしょう!

当日は佐藤魁さんが登壇いたしますのでお楽しみに!

.

茅ヶ崎会場千秋楽、お誘い合わせの上ご来場お待ちしております。

Previous Post 残すところあと2日!
Next Post 無事に全会場が終了しました。