日本代表サーファー(石川拳大)が木製ボード製作から、地球と向き合うことの大切さを伝える映画。
山の環境維持の為に行われる間伐。 その間伐材で木製サーフボードを作り、サーフィンを通じて学んだ自然の恩恵や家族友人の大切さ、そして本当の幸せについて映画という形で世界中の人たちに届けるプロジェクトです。
とても便利になった時代に「自然と共に生きていることを見つめ直す重要性」をテーマに掲げた映画です。

  • 監督:石川拳大、八神鷹也