先週末の北海道小樽編も無事に終わり10月21日(土)は熊本会場@Denkikanになります!早速上映作品の方を紹介していきますのでチェックの方お願いいたします。【パンフレットをご持参の方は特典割引があります。】

まずは詳細を

【プレミアム上映 in 熊本 】
期 間 : 2017年10月21日(土) 1日のみ
時 間 : 19
時スタート (レイトショー 1日3本 2時間以内)
会 場 : 熊本 denkikan (http://www.denkikan.com/) (〒860-0043 熊本県熊本市中央区新市街8-2)
入 場 料 : 1,500円(割引券発行300円引き)

それでは全6作品を紹介していきます。

1作品目は初参戦のこちらの作品より

1作品目

『根っこは何処へゆく』

監督:野中克哉

尺八奏者とスケートボーダーへのインタビューを通し、「変化とは何か?」「本質とは何か?」を問いかけながら、近代以降の「時代の流れ」をも問い直すドキュメンタリー映画。

監督は自身もスケーターで、プロ尺八奏者、米農家、翻訳家などの生業を持ち、切腹ピストルズの一員としても活動する野中克哉。

主演者も奥田淳也(プロ尺八奏者)やサイラス・バクスターニール(プロスケーター)など豪華な面々が揃う本作は、福島第一原発事故が起きた2011年に制作を開始し、スケートボードがオリンピック正式種目に決定する直前の2015年に完成・公開された作品です。


Director: Katsuya Nonaka

Featuring: Atsuya Okuda (shakuhachi musician), Silas Baxter-Neal (professional skateboarder) and more

Director Katsuya Nonaka questions two contrasting characters – a professional shakuhachi musician and a skateboarder – what “changes in time” means in modern-day culture and how “change” is related to “essence.” Nonaka himself is a blend of contrasts; he is a professional shakuhachi (Japanese traditional recorder) musician, skateboarder, rice farmer, translator and band member of the Setsupuku Pistols. This documentary production began in 2011 after the Fukushima nuclear accident and was released in 2015 just after skateboarding was announced as an official Olympic event. 


次に紹介する作品はタイラーウォーレンのWET DREAMの監督でも知られる竹井達男監督、当映画祭主催の劔持良輔出演の5年の年月を経て完成されたHiratsukanianシリーズ最新作のこちら。

2作品目

『Hiratsukanian Ⅳ』

平塚在住のサーファーが最も危険なチューブライディングに挑戦 するドキュメン

タリー映像。

主演は劔持良輔、助演に児玉譲二と渡邊亮、音楽は平塚の宅録ユニットJitzuwa

Finder、ロケーションは日本とメキシコ、シングルフィンサーフィンの魅力が秒

刻みで炸裂!


Director: Tatsuo Takei

Featuring: Ryousuke Kenmochi ,George Kodama ,Ryo Watanabe

Music: Jitzuwa Finder

Locations: Japan, Mexico, other

Be mesmerized by the power of single-fin surfing as a surfer attempts to ride one of the world’s most dangerous barrels.  


続いては前回熊本会場にて初参戦のOPPから

3作品目

『OPP』

監督:川端崇臣

熊本県在住でフィルマーの川端崇臣(OPP)の作る作品、九州を回り九州のスケーターを中心に撮りました。

九州バイブスなスケーターの滑りを見て下さい!


Director: Takaomi Kawabata

Immerse yourself into Kyushu skate style in this film featuring Kyushu skaters! Directed by Kyushu resident Kawabata. 


続いて紹介する作品はこちらも前回熊本会場にて初参戦の熊本光の森のスノーボートショップSADISより。


4作品目

『SADIS』

監督:小山夏樹

16-17シーズンに仲間達と撮影した映像になります。ロケーションは大分、広島、北海道、長野のゲレンデで撮影しました。

16-17シーズンは雪も沢山降って、とてもいいシーズンでしたが、天気が悪い日も多くなかなかベストな状態で撮影することができませんでしたが良かったら見て下さい。


Director: Natsuki Oyama

This film follows my friends’ 2016-2017 snow adventures across Oita, Hiroshima, Hokkaido and Nagano. Although the weather was poor, it was nevertheless a good season from all the snow. 


続いてはみなさまご存知の熊本スケートショップOLLIより!

5作品目

『NEW GENERATION』

監督:奥脇賢二

九州は熊本のSKATE SHOP OLLIから来年2018年完成発売予定のスケートムービーDVDの予告的な作品!

このDVDで初のフルパートを飾る猿渡翔平、石本明広、山縣剛の3人を中心とした映像を上映いたします。

完全無名の熊本ローカルスケーター達だが「この作品から!!

熊本の新しいスケートシーンを垣間見る事になるでしょう!」


Director: Kenji Okuwaki

Watch the trailer for a new skate film set to release in 2018 by Skate Shop Olli from Kumamoto, Kyushu. Featuring talented up-and-coming skaters Shoey Saruwatari, Akihitio Ishimoto, Gou Yamagata and Ayahiro Uratsuka. 


熊本上映最後の作品は横乗日本初登場のこちらになります。

6作品目

『LAGUNA』

監督:中島仁

神奈川のスケーターを中心に作られた中島仁製作のフルレングスlaguna。

楽曲提供は前作に引き続きいわきのigacorosas、スケーターでもありトラックメーカーでもある横須賀のjunnagaosaが担当。

カオスパートでは金沢、富山、名古屋、神戸、千葉、そして九州は大分などから、普段世にあまり出てこないレアキャラ的スケーターが多数出演。

前作pursuitより”更にシンプルに、更にスルメの様に”をコンセプトに製作された今作は尺も短めに収め、滑りに行く前にサクッと見やすく、玄関を出たらすぐプッシュしたくなる様なリアルな作品に仕上がっている。

一番の見所はトリを務める石沢彰のパートではないだろうか。

46歳にして未だに進化し続ける横浜の進化系レジェンド。

「スポットに失礼がない様に」と考え込まれたスポットの使い方は脱帽の一言である。

誰もが50歳のフルパートも観たいと思わせる仕上がりになっている。

 


Director: Jin Nakajima

Music: igacorosas, junnagaosa.

Featuring a slew of skaters from all over Japan, each with a unique and individual personality, this film is simpler than Nakajima’s previous work, “Pursuit” and is a fast-paced documentary encouraging viewers to get out there. Akira Ishikawa, a 46-year-old skater from Yokohama is featured predominantly. Although diagnosed with cancer, Ishikawa continues to practice and improve his technique and this film’s team hopes to feature him when he turns 50. Proceeds from this film will go towards his treatment. 


それでは熊本電気館でお待ちしております。

 
 

<映画祭日程>

【メイン上映 】
期 間 : 2017年11月18日(土)〜2017年11月24日(金)
時 間 : 20時30分(レイトショー 1日2本同時上映)
会 場 : AEONシネマ茅ヶ崎(http://www.aeoncinema.com/cinema/chigasaki/) (神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎2-7-71 イオン茅ヶ崎店内) 
入 場 料 : 1,500円(割引券発行300円引き)

【プレミアム上映 in 北海道 】
期 間 : 2017年10月14日(土) 1日のみ
時 間 : 20時スタート (レイトショー 1日3本 3時間以内)
会 場 : AEONシネマ小樽(http://www.aeoncinema.com/cinema/otaru/) (〒047-0008 北海道小樽市築港11−2 ウイングベイ小樽2番街4F) 入 場 料 : 1,500円(割引券発行300円引き)

【プレミアム上映 in 熊本 】
期 間 : 2017年10月21日(土) 1日のみ
時 間 : 19
時スタート (レイトショー 1日3本 2時間以内)
会 場 : 熊本 denkikan (http://www.denkikan.com/) (〒860-0043 熊本県熊本市中央区新市街8-2)
入 場 料 : 1,500円(割引券発行300円引き)

【プレミアム上映 in 白馬】
期 間 : 2017年12月22日(金) 1日のみ
時 間 : 18:30スタート (レイトショー 1日3本 2時間以内)
会 場 : 白馬村ウイング21文化ホール
〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村北城2066
入 場 料 : 1,300円(割引券発行300円引き)


横乗日本映画祭 Yokonori Nippon Film Festival
横乗日本公式ホームページ
横乗日本公式ブログ
横乗日本公式フェイスブック
横乗日本映画祭公式instagramページ

お問い合わせ先
横乗日本映画祭実行委員会 (mo3store)
〒254-0812 神奈川県平塚市松風町14−10−6
TEL : 0463-24-0999(代表:劔持 良輔)
mail : yokonorinippon@gmail.com

Previous Post いよいよ今夜、第六回横乗日本映画祭開幕@小樽編
Next Post 今年のアプリが完成しました!